医療事務の資格を取れば安定的な生活を手に入れられる

長く続けられる医療の仕事

ハートと聴診器

専門職という強み

現在、日本は超高齢化社会で、医療機関の数は増加傾向であり、それに伴い医療事務スタッフの需要も高まっています。医療機関は景気に左右されないので、不景気な社会でも安定した求人があり、転職としても、主婦のかたにも人気の職種です。医療事務の仕事は、資格は必ずしも必要ではありませんが、資格はもっていれば就職に有利であることは間違いないです。なぜ有利であるかというと、医療事務の仕事は専門的なもので、全く知識のない状態では即戦力として働くのは難しいからです。具体的な医療事務の仕事は、病院受付で初診や再診の手続きや、保険証の情報や診療内容のデータをカルテに記載します。そして診療の終わった患者さんの医療費を計算します。患者さんの加入している医療保険によって金額を算出するので医療保険の知識が必要です。医療事務の1番重要な仕事として、診療情報明細書の作成があります。「レセプト」と呼ばれているもので、実際にかかった医療費のうち、患者さんが負担した残りを医療保険者に請求するものです。これは、診療内容の、投薬、注射、検査、手術、リハビリなどの項目ごとに非常に細かく点数分けされています。「診療点数早見表」という分厚い冊子にすべての診療点数が記載されているので、この内容を理解するには医療的な専門用語などの知識がないと実際の作成は難しいといえます。働きながら資格取得するには、スクールに通うか、通信講座がおすすめです。スクールなら、午前、午後、夜間、休日など自分の通いやすい時間帯を選べるので働きながらでも無理なく勉強することができます。また、スクールに通うことも難しければ、通信講座も充実していますので、自分のとりたい資格に合わせて講座を選び、自宅で勉強することができます。医療事務は専門職で、結婚・出産などのブランクがあっても復職しやすい安定した職種ですので、資格をとってからの就職がおすすめです。