医療事務の資格を取れば安定的な生活を手に入れられる

医療機関の事務職

OL

即戦力が求められる

医療事務は、病院や医院、歯科医院などにおいて事務全般を担当する職種です。窓口業務から書類整理、パソコン入力など仕事の範囲は多岐にわたりますが、医療機関のスムーズな運営のために医師や看護師を陰ながら支える、目立たないけど非常にやりがいのある仕事です。医療事務に関して公的な資格はありませんが、複数の民間資格があります。こうした資格の多くは、専門学校や通信教育などにおいて医療事務関連の講座を修了し、試験に合格すると得られます。つまり資格は、医療事務に係る専門知識について学んだ者であることの証しとなるわけです。資格取得を目指す際にまず知っておきたいのは、医療事務の仕事は必ずしも資格がなければできないわけではないということです。総務や経理といった一般事務はもとより、診療報酬請求などの医療機関特有の事務についても、実際に職場に入ってから覚えることが可能です。求人の際にも、資格の資格を絶対条件としている医療機関はそれほど多くありません。では、どんな場合に資格が役に立つかというと、未経験者が医療事務の仕事に就こうとする場合です。よほど大きな病院は別として、医療機関における事務職員のポストは限られています。そのため、求人の際はどうしても経験者が優遇されがちです。こうした状況の中で未経験者が就職に成功するには、何らかの形で即戦力であることをアピールする必要があります。資格の取得は、そのための有力な手段となるのです。